居酒屋定番メニューのあの食材。驚くべき3つの効能とは?

明るい時間がだんだんと長くなり、
日中は半そでで過ごす人も増えてきましたね。
ビールがおいしい季節もすぐそこまでやってきています。

今日はおつまみの定番「枝豆」についてご紹介いたします。

枝豆1

■実は、枝豆は未成熟な○○!

あまり知られていませんが、枝豆は「畑の肉」として知られる
大豆が成熟する前の豆なんです。
そのため、枝豆にも体を構成する三大栄養素の一つ
「たんぱく質」が豊富に含まれています。

中でも枝豆には体内で合成することができない必須アミノ酸が
バランスよく含まれている優秀食材なのです!

枝豆2

■腸内環境調整にも一役買います!

食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と、
水に溶けない不溶性食物繊維があります。
枝豆には、不溶性食物繊維が豊富に含まれており、
便のかさを増やす働きがあることで知られています。

また、腸内細菌であるビフィズス菌などの餌になることで、
善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるとも言われています。

枝豆3

■動脈硬化の予防にも期待◎

枝豆にはビタミンCが含まれており、このビタミンCは
皮膚や細胞のコラーゲンを作るための必要な栄養素です。
毛細血管や軟骨を正常に保つ働きがあるほか、
メラニンの生成を抑えることや、ストレスや風邪などに対する
抵抗力を強めることで知られています。

また、最近では抗酸化作用が注目され、
老化防止、動脈硬化の予防などが期待されています。

■枝豆を使ったおいしいレシピはこちら♪
他にもえだまめを使った美味しいレシピがクックパッド様にありますので、
是非チェックしてみてください!

⇒美味しいえだまめ料理のレシピ

塩ゆでだけでなく、パスタや豆ごはんなど、
枝豆のレシピがもりだくさん。
栄養豊富な枝豆で、暑い夏に備えましょう!